2009年3月15日日曜日

montrail : Helium™ GTX

127_3475_2

モントレイルの「ヘリウム」と名付けられた最重量級ブーツ。

見た目も重厚感溢れるデザインとなっているが、
このブランドの特徴に違わず690gと軽量に仕上がっている。
その名称も唯一気体というか元素名を採用している。
果たして空気よりも軽く感じることができるだろうか。



127_3470

前半4つのシューホールが滑車が付いているのではないかというぐらい滑らか。

ケブラーやスペクトラ素材が織り込まれたかのように見えるアッパー素材は、
どこの説明を見ても合成繊維としか書かれていないので、
そういう類の素材では無さそうだ。

GTXという名称からも分かるようにもちろんGORE-TEX採用。



127_3468

Gryptonite™と名付けられたアウトソールは、
比較的柔らかいゴムで出来ている。

"Sticky"(粘りつくよう)なゴムだそうだ。



127_3483

ヒールカップはかなり上の方まで樹脂で覆われており、
フィッティングは上々だ。がっちりとサポートされている。



127_3493

MSR DENALI EVO ASCENTに装着してみた。



127_3487

何となく相性が良いと確信していたのだが、色的にもばっちり。
これにゲーター(スパッツ)を合わせてスノーシュートレッキングに出掛けよう。

やはりスノーブーツ等よりもトレッキングブーツの方が、
雪原に辿り着くまでの移動には向いている。



127_3495

ヒールカップの樹脂が滑り易く感じたが、
外れることはまず無いだろう。



127_3497

合計1570g。両足で3140g。




montrail : Helium™ GTX』

素材:アッパー/テクスタイル(ゴアテックスRファブリクス使用)、TPUランド、シンセティックラバートゥ、モールデッドTPUヒール ミッドソール/モールデッドEVA アウトソールコンパウンド/グリプトナイトRGT

特徴:インテグラフィットR ヒール&アンクルサポートシステム スピードフックシステム
サイズ:25.5-28.0cm(US7.5-10)

重量:690g


127_3500

実測も690gだった。


ちなみに日本のオフィシャルでは取り扱い中止となっている。
本国サイトを見る限りでは今年度も引き続き販売されるようだ。


早くフィールドに出てくれ、という方はこちらをクリック!! >>




0 件のコメント:

人気の投稿