2010年2月14日日曜日

DANA DESIGN/GARUDA : Menage A MOI

127_3588
Dana Design/Garuda 唯一のビビーサック。


OR(アウトドアリサーチ)ビビーを目にしてからというもの、
気になって仕方なかったが、テントという守られた空間を捨てきれず、
なかなか足を踏み入れる事が出来なかったこの世界。

一度夜風に吹かれてしまえば大した事はない。



127_3513
Garudaが出すからには、やはりただのBivyではない。
こんな袋が野原や山中に転がっていたら誰もが驚き身構えるだろう。

熊も驚いて去ってくれればいいのだが・・




127_3543
中央に通ったチューブがGarudaお得意の換気システムの役目を果す。
ちなみにサイドにジッパーは付いていない。

何年もスタッフサックに入れっ放しなのに、
チューブも開口部のフレームも癖は付いたものの
まだまだ機能している。




 127_3557
開口部はデュポンのデルリン製樹脂フレームが通っており、
中央に付いている支柱をマジックテープで起こす事により
スペースを広げる事が可能。

雨にも強そうではあるが、本降りの跳ね返りには耐え切れない。
やはり日本ではタープとの組み合わせが無難だろう。
是非とも「HAT TARP」か「GUIDE TARP」を組み合わせたい。





 127_3532

その支柱。ある程度の視界を確保する事が可能。




 127_3560
メッシュを広げて留めるパーツも付いている。
 




127_3562

中央のチューブ(空洞)部分を中から見たところ。
パッキングされた状態では潰れたままなのに、広げるときちんと空間を保つ。




127_3565
チューブの下はメッシュになっていて、全体の換気を促す。




127_3570

中からの眺めは悪くない。




127_3528
チューブの端となる足元にも支柱が取り付けられており、
ロゴの下あたりを広げることで、風が吹けば口元で感じることが出来る程の
空気が送られてくる。





127_3571
頭と足元にはペグを打つ事が出来るため、
頭頂部はかなりの余裕がある。




127_3572
Therm-a-Rest Prolite3 と、
WesternMountaineering Summerliteを入れてみる。





127_3573 

スリーピングバッグカバーとしてはかなり余裕がある。





127_3580
測りづらいのだが、足元から顔まで180cm近くあるようだ。




127_3584
[GARUDA : Menage A Moi]

Fabric : Byro-Tex
Pole : 1 (デルリン製内蔵フレーム)
Wight : 1.08kg (実測1.1kg)
Length : 94inch = 239cm




”Menage A Moi”とは、
フレンス語の"Ménage à trois"をもじった造語(俗語?)のようだ。

"Ménage à trois"とは、
『夫婦とそのどちらかの愛人の3人が同居する関係[世帯]by 英辞郎 』
なので、"moi"=私・・一人で・・。





そうきたか・・ >>



バイロンさん、趣味変わりました?? >>



2010年1月5日火曜日

気球ツアー@Luxor,Egypt

DSC00504
エジプトの朝は早い。

ということも無く、ただ気球ツアーの出発が早かっただけ。
お蔭様でルクソール神殿から昇る朝日を見る事が出来た。


DSC00515
気球は空地に横たえてあり、到着してからおもむろに膨らまし始める。
まずは巨大な扇風機で空気を送る。



DSC00517
お、お隣さんの方が早い・・




DSC00518
最後は思いっきりバーナーを噴かす。



DSC00525
船長?が乗り込み、最終点検。



 DSC00522
気球の配色はどれも空に映えて綺麗だった。



DSC00529
船長がグローブをはめ、バーナーのレバーを握ること数度、
気球はふわりと浮かび上がった。


 DSC00527
砂漠の夜は冷える。従って朝も寒い。
このツアーも相当覚悟していたのだが、
このバーナーの燃焼熱が暖房のような役割を果していて、
思ったほど寒くは無い。


DSC00535
すぐに地上の全てが小さくなっていく。




DSC00546
この時点で305m。(by SUUNTO:X-Lander)
風があるのでモンベル:ピークシェルジャケットを羽織ってきて正解だった。



DSC00549

眼下にハトシェプスト女王葬祭殿が見えた。



DSC00545
遠くに広がるナイル川と、その手前の肥沃な大地。





DSC00551
恐らく最高地点。495m。



DSC00560
離陸地点とちょっと離れた所に着地。
他のスタッフが焦って追ってきているように見えたのだが・・
船長は全く動じていなかった。
さすが船長!ちなみにネクタイも気球柄だった。



DSC00566
着陸地点での高度は45m。
数値が正しいとすると最高地点は450mか。



新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。 >>



2009年11月4日水曜日

Moonstone : 800 Liberty Ridge 0°F/-18°C

127_4204


クソ寒いので仕方なくMoonstone:Liberty Ridgeで寝てみた。


おかげでぐっすり眠れた。寝すぎたのかちょっと首が痛い。



127_4188


首元のドローコードを絞ったので、ボリューム感たっぷり。




127_4192


首回りのチューブとは別に中央にもチューブがある。
ドローコードが付いており、絞るとフィット感が増した気がした。
狙いとしては、腰のくびれた部分を補完という感じだろうか?




127_4203


フードの上部分は伸縮性のないナイロン製の紐。
下部分は伸縮性のあるドローコードとなっている。
頭押さえ、あご自由という感じ。





127_4195


頭の横にウォッチポケットが。小技が利いている。





127_4191


足の方を(フットボックスと言うらしい)が、
立体裁断でつま先を覆うようなカットになっている。




127_4206


付属のスタッフサック、保管袋。




127_4214


スタッフサックサイズ:縦35cm X 横25cm





127_4216


保管袋:縦65cm X 横35cm
ここに入れてもパンパンだ。




127_4208


ShellFabric : Pertex Endurance (パーテックス社:防水透湿素材
Buffale : Trapezoid (台形というか菱形?)
Zipper : glow-in-the-dark (光ります!)
Fill weight : 1ld 15oz
Total Weight : 3ld 10oz

Google先生によると、


ms_googlecalc



127_4212


スタッフサックを入れて実測:1770g。







127_4190


正式名称は「MOONESTONE MOUNTAIN EQUIPMENT」だったのか。
Made in Chinaはいいとして、Nov.2004!こいつは年代物だ。



早く外で寝ろよ!という方はこちらをクリック!! >>


2009年10月21日水曜日

トレハイ@高尾山

127_4159s

もうかれこれ何ヶ月太陽の光を浴びていないのだろう。
リハビリを兼ねてトレイルハイキングに行って来た。



127_4082

天狗ハイクというスタンプラリー?をやっていた。
何気に天狗さんが手を振っている。


127_4083

さっそく、焼きだんご。薄い醤油味。
餅がかなり重たい。腹持ちがよさそうだ。



127_4087

リフト希望だったのだが、行列の具合から見て、ケーブルカーを選択。
料金変わらず。チケット買いなおしも必要ないのが良い。



127_4088

大人気なく・・やっぱり最後尾を陣取る。



127_4089
トンネルを抜けて・・


127_4091

中央でもう一台とすれ違って・・

127_4093

さらに傾斜がきつくなって・・


127_4094

もう1つのトンネルを抜けると・・


127_4096

高尾山駅到着。


127_4097

ビアマウントは終了。10/15~キッチンむささびがOpen。


127_4104

天狗像。こんなのあったっけかな。


127_4105

薬王院本堂であります。



127_4106

本社はこっち。
色々出てくるので通り過ぎてしまった。


127_4108

最後に奥の院。




127_4110

山頂への通りはアメ横状態。


127_4111

ひとまず腹を満たすべし。
あれ、とろろに卵が無い・・。山頂だからかなあ。
でも、うまっ!



127_4112

晴れ渡った空。若干紅葉も始まっていた。




127_4116

さらに小仏を目指す。ここから先は思ったとおり人が激減した。


127_4119

ほどなく一丁平。東海自然歩道は大阪まで1697kmらしい。
ジョンミューアトレイルの5倍近くあるじゃないか。


127_4118

すすきが棚引く。



127_4120

小仏城山到着。遠く、新宿の高層ビル群が見えた。
隣のおじさんは中野サンプラザが見えると言っていたが本当か?



127_4122

茶屋から相模湖を臨む。
疲れた体に殺人的に熱いなめこ汁。そしてコーヒー。



127_4123
小仏峠の茶屋跡。


127_4125

中央線小仏トンネル付近の・・と、つい呟いてみたくなる渋滞模様。
長い車列が傾いた陽を浴びてギラギラとうごめく生き物のように見えた。




127_4128

タヌキが出迎えてくれる小仏峠。




127_4132
しばらく下ると舗装路に出る。


127_4135

バス停の列から外れて、バス会社の人が一人寂しく座っていた。




127_4149

薬王院でもらって来た御朱印。美しい。



127_4152

御朱印帳。可愛らしい表紙とカバーも付いていた。¥1500。


127_4159nums

【本日の持ち物】
OSPREY:VectorDay
mont-bell:PeakShell
montrail:HurricaneRidgeXCR
finetrack:FloodRushSkinMeshT
Radiohead:T-shirt
SUUNTO:X-LANDER
Apple:iPodClassic
Kodak:V705
SOYJOY:Orange,Prune
AJINOMOTO:aminoVITAL
 → お詫びと自主回収のお知らせ
 ・「アミノバイタル」プロ
 ・「アミノバイタル」2200mg
 ・「牛乳といっしょにとるアミノ酸」

ブログランキング >>

人気の投稿