2009年2月3日火曜日

FeatheredFriends(フェザーフレンズ)本店


シアトルにある
FeatheredFriends(フェザーフレンズ)本店に出掛けてみた。



閑静な住宅街に建つ本拠地は、
かなり本格的なアウトドアショップの様相を呈していた。
店舗で扱っているブランド数もかなり多いようだ。


FeatheredFriendsと言えば、
高品質ダウンSPB(SleepingBag)の代名詞。

南(カリフォルニア)にWesternMountaineeringあれば、
北(シアトル)にFeatheredFriendsあり。



春冬用に「Widgeon」「Eider」あたりが無難だろうか。

ここの特徴である台形バッフルはどうしても抑えておきたいところなのだが、
この画像からはその特徴が読み取れない。

台形(と逆台形を組み合わせた)バッフルを採用したモデルは、
ここでしか作られていないのだ。

SPBのバッフル構造には大きく分けて以下が存在する。

■ ベタ縫い : 隔壁が無いので軽い
■ ボックス : 隔壁によりベタ縫いより格段に暖かくなる
■ 平行四辺形 : 隔壁が斜めになって表裏の縫い目ずれてより暖かい
■ 台形(逆台形) : 台形が互いに押し合いバッフルが潰れ辛い





日本で売っている低価格モデルの「スノーバンティング」では、
バッフルはこのように通常の四角形を構成している。





しかし、この「ウィジョン」のバッフル構成を見て欲しい。
台形と逆台形が交互の配置されているのが見て取れると思う。



これはどう考えても台形が欲しい。幼心に思ったものだ。
長年の夢と大人買いの現実。その狭間で揺れ動く心。





シアトルの路上を右往左往しながら、
ウインドウをクリックするのだった。

(※ゴメンナサイ・・GoogleStreetViewでした。。)




羽毛布団も作っているらしい。

欲しい・・


アウトドアブログランキングを見る! >>




0 件のコメント:

人気の投稿