2008年10月18日土曜日

知床ツアー:川湯~斜里~オシンコシン~ウトロ温泉



朝4時起床。

7時46分の斜里行列車に乗るため、
川湯温泉駅に急がねばならなかった。

準備に1時間。出発したのは5時だった。


途中、川湯温泉の由来となった“川湯”を発見。



硫黄山から流れ出る湯を集めて流れるこの川は、
“湯川”と呼ばれていたのだが、函館?の湯川と混同を避けるため、
いつしか川湯と呼ばれるようになったという。(昨日のバスガイドさん談)



川湯温泉駅にて、硫黄山を臨む。



ここにも足湯があった。
熱々の温泉に疲れた足を浸けたいのはやまやまだったのだが、
屈斜路湖畔からここまでの2時間半で、
既にマメが出来始めていた足を浸ける気にはなれなかった。残念。



再び釧網本線に復帰。間に合ってよかった。
これを逃すと次は3時間待ちの10時36分なのだ。

ここから知床斜里まで1時間弱。
その後、バスに乗り換えてウトロに向かった。

ちょうど8時50分発の定期観光バスに接続したため、
オシンコシンの滝をゆっくり堪能する事が出来た。
(30分ほど停まってくれるのだ。)



知床八景の1つ「オシンコシンの滝」。
日本の滝100選にも選ばれている。



ウトロ温泉バスターミナル着。

この時期から鮭の遡上が始まっており、
このターミナル横の川でさえ、多くの鮭を見ることが出来るらしい。

ターミナルに居た斜里バスの方に、お勧めの昼食を聞いてみると、
"婦人部の食堂"が安くて美味しいという。



婦人部食堂に行く途中に通り掛かったオロンコ岩。
デカイ。デカ過ぎる。

裏の海側にこれまた大きな穴が穿ってあるのだが、
オホーツク海の流氷がこの岩にぶつかって削れた穴だという。
何ともスケールのデカイ話だ。

岩の上に登る事も可能なのだが、
今回は婦人部食堂を優先した。



この時期はもうウニが終わってしまっているとの事で、
念願のウニイクラ丼は断念。
鮭の親子丼にしてみた。

漁師向けの食事はやや大ぶりだった。

満腹となった腹をさすりながら気分も上々。
11時10分ウトロ温泉ターミナル発のシャトルバスに乗り込んだ。

(つづく)


ブログランキング >>


0 件のコメント:

人気の投稿